予備校に通う時間や、金銭的余裕がないとお悩みの方へ。看護専門学校の「社会人入試・社会人AO入試・社会人自己推薦入試・社会人一般入試」専門通信教育。【教材購入だけでも合格率は飛躍的に上がります!!

<○○県立看護専門学校>(学校匿名希望)

2019年3月1日 金曜日

合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

30代半ばで看護学校に入ることを決意したものの、実際には受験に関しての知識が全くなく、何から手をつけたら良いのかという状態でした。
そんな時看護受験アシストのHPで受講生メッセージを読み、本当に合格できるかもしれないと思ったのが受講のきっかけです。
しかし、実際に受講を決めるまでは、怪しいところだったら・・・と何度も何度も受講生メッセージを読み、悩みました。
私と同じく悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、是非一歩踏み出してください。
独学ではここまで綿密に対策を立てることは難しいですし、予備校ではここまできめ細やかに対応していただくことは難しいと実感しています。
また、小論文や面接といった受験勉強を通して問題意識を持ち、社会に広く関心を持てるようになったということも、自分自身驚くべき変化でした。
そして、何よりも自主的に行動することや、ここまでやったことを無駄にはしたくないという意識を持てたことも感謝しています。
今は看護受験アシストに出会ったことで、看護師になる道は開かれたように思います。
これから受験される方も、先生を信じて努力することで夢を掴まれることを応援しています!
私も、この人生の転機を無駄にしないように、この春から努力していきたいと思います。
先生、本当にありがとうございました!!!

<(独)国立病院機構京都医療センター附属京都看護助産学校>

2019年3月1日 金曜日

合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

私は、できるだけ長く続けられる仕事をしたい、仕事の中で、自分の経験が生かされる仕事がしたい、常に自分自身が向上できる仕事がしたいと考えるうちに看護師がよいのではと思うようになりました。
しかし、看護師どころか病院というものにほとんど縁がない生活を送っていたため、どうしてよいかもわからず、インターネットを検索するうちに看護受験アシストに出会いました。年齢が40歳くらいいうこと、社会人生活で派遣社員や契約社員歴がほとんどで、職歴に自信がない、今から看護師を目指すことは可能でしょうかと先生に相談メールを送ったところ、すぐに「大丈夫、社会人入試は十分に挑戦可能です」とお返事をいただきました。
受講生の社会人入試合格率が非常に高いこと、先生のお人柄が非常に好印象であったこと、そして受講生の皆さんのメッセージを読んでいるうちに私もやってみようと思うようになり、受講を決意しました。 初めて面接で問われる内容を見たときは「こんな質問に全て答えられるようになるのだろうか」と不安でいっぱいでした。しかし、先生のご指導による四つの行動を心がけ、小論文の添削を経るうちに次第に看護師になるという意識が芽生え、 育っていき、面接の質問内容にも自然に答えられるようになり、当初に抱いていた疑問も少しずつなくなっていきました。小論文は、最初は時間もかかり、何を書いてよいかもわからず、苦心しました。 しかし、回数を経るうちにコツがつかめ、自分の書くスピードもわかってきて、制限時間内に原稿用紙を埋められるようになりました。看護学校の小論文のテーマは、傾向があるため、独学での勉強は効率が悪いと思います。 看護受験アシストで出題されたテーマは全て非常に役に立ちました。また、添削回数を経るうちに、どこが得点源になるのかということも意識することができました。本番の試験では小論文、面接ともに、看護受験アシストで 出たものや似た内容が多かったので、全く動じることなく実力を発揮できました。
受験勉強は大変ですが、看護受験アシストで経験した受験勉強は大変有意義で、今後の看護学校生活にも十分生かされていくと思います。これまでの経験を生かし、これから3年間、看護師になるため、しっかり勉強していきます。
先生、本当にありがとうございました。

<東邦大学佐倉看護専門学校>

2019年3月1日 金曜日

合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

私は、家庭内での問題に直面し、理不尽な思いをしました。そこで、これからの人生設計を真剣に考えて、女性として母として自立していける道に進みたいと決め、たどり着いたのが、看護師という職業でした。
 目標を決めたものの、年齢も30代半ばで、学業から随分と離れていたため看護学校に合格できるのか?子供もいるので、実際に看護学校へ通うことができるのか?学校に入学するにはどのように勉強していけば いいのか?…と様々な不安の壁にぶつかりました。自分なりに学校ガイドをみたり、インターネットで調べたりしている時に偶然に看護受験アシストのホームページに行き着き、「ここなら道が開けるかもしれない。」 と思い、必死な思いでメールを送信しました。
 先生はすぐに返信をくださり、自分の家庭現況や本当に私でも合格できるのかという不安な気持ちに対し、私のような方も受講していますし、合格して看護学校へ通っている方は実際にいますよ。 と丁寧に返答してくださって、先生のもとで学べば、目標から現実になるかもしれないという気持ちになり、7月から受講をすることに決めました。そして、まずは社会人入試で頑張ろうと計画を立てました。
 受験時に必要な行動や私が聞かれるであろう面接応答、願書の書き方など、どれもやっていてよかった!と思えるものばかりでした。受験勉強以外にもいろいろと慌ただしく、思うようにできなくてくじけそう になりましたが、苦しい中でも課題に取り組み、悩み考えて自分なりの答えを導きだし、一つ一つ乗り越えていくことを通して、少しずつ自分の意思に自信がつき、自分が看護師になる意味、なぜ目指すのかいう 答えをしっかりと出すことができました。
小論文では、学生時代にも小論文を書いていた時期があったのですが、ブランクもありましたし、社会人となると今までの知識などが必要となるため、最初は1つのテーマを仕上げるのに何日もかかりました。 そして自分があまりにも文書力がないと自信喪失しました。それでも頑張ってこられたのは、先生の励ましがあったからです。
 努力をすれば、結果は必ずついてくる!ということを実感しています。受験時もやれることはやったぞ!との思いでした。
 頑張るのは自分です。自分のできることは一生懸命やってきたと思っています。看護受験アシストのおかげで充実した時間を送ることができました。おかげで看護師の道が目標から現実へと一歩前に進みました。 看護受験アシストに出会えて、本当に感謝しています。
 目標をあきらめないで、挑戦してよかったです。
 これから受験や受講を考えている皆さんもサポートを受け、合格を掴んでください。

<奈良県病院協会看護専門学校>

2019年3月1日 金曜日

合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

私は一生の仕事として、看護師資格を取得する事を考えました。これは昔、考えていた仕事でもありましたが受験するまでにはいたりませんでした。30代の私ですが、インターネットで調べていくうちに学校に よっては社会人入試があることや、また、偶然看護受験アシストのホームページにたどり着いたのです。
3月の終わりには看護受験アシストに問い合わせ、するとすぐにお返事がありお話しをさせていただくことができました。まだどのように勉強したらいいのか分からなかった私に丁寧に説明して下さり、 とても勇気もいただき、また合格できる自信まで感じることができました。
社会人入試では、小論文の試験があります。私自身、最初は小論文とはどういうものかさえ分かりませんでした。しかし先生に教えていただき小論文の添削を10回していただくと、それまで小論文を1度も 書いたことがなかった私でさえ、何だか少しずつコツがつかめてきた感じがしました。先生から教えていただく事はどれも役に立つ事ばかりでした。受験日には応用がきくまでになり、自分自身驚いたものでした。
面接に関しても私が聞かれるかもしれない質問を教えてくださり、自己PRの添削もして下さいました。受験日には面接対策も完璧なものになっていました。疑問や分からないことがでてくると先生に聞いてみようかな?と思い、 頼れる先生が居る事はとても心強かったです。11月の試験まで、先生のサポートもあり、私自身も計画通り試験勉強ができました。願っていた通り社会人入試で合格することができ、先生には感謝しております。 合格お祝いのお電話を下さり嬉しかったです。本当にありがとうございました!!

<松江総合医療専門学校>

2019年3月1日 金曜日

合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

私が受験を決意したのは、社会人入試の1ヶ月半前でした。
入試内容は、小論文と面接でした。高校を卒業してからも勉強なんて全くしていませんでしたし、ましてや小論文なんて1度も書いた事がありませんでした。何から手を付けていいか分からず、いろいろとネットで調べている うちに看護受験アシストのホームページサイトを発見しました。初めは残り1ヶ月しかないし無理だろうなと思いながら相談の電話をしました。
ところが、先生はまだ間に合いますと励まして下さり、丁寧に分かり易く説明して下さいました。お話を聞いてるうちに先生に任せれば合格も夢じゃないと思え、即受講を決意しました。
それからは、小論文の勉強や面接の練習などいろいろな面でサポートして頂きました。何をしたら良いか、わからなくなったり不安に思った時にも先生に相談する事でやる気を復活させ前に進む事が出来ました。
入試の前の模擬面接でも不安を取り除いて下さり、入試に前向きに臨む事が出来ました。
入試に行って実感しましたが(面接が集団だった為)、独学でやっている方と指導を受けている方ではやはり大きな差がでます。
本当にこちらを受講して良かったと改めて思いました。
結果は、なんと志望校一発合格でした。本当に感謝です!!!!
これからはもっと大変な学校生活が待っていますが、先生が合格報告をした時に言って下さった事を忘れずに頑張って立派な看護師になります。

▲ページの先頭へ戻る