看護学校の受験情報、社会人入試合格なら通信予備校の看護受験アシスト > 合格者からのメッセージ > <東京都立広尾看護専門学校>

<東京都立広尾看護専門学校>


合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

先生、初夏から冬にかけての数ヶ月間、本当にお世話になりました。
育児休業後に仕事復帰するつもりが、いわゆるリストラに遭い、転職活動をしていました。
活動はスムーズとはいかず、自分自身について真剣に向き合う中で、「今までと同じような業界で私は働きたいだろうか」という気持ちが湧き上がってきました。そして看護師を目指してみたいと思うようになりました。 しかし育児をしながら受験勉強を始めることへの抵抗感や、何をしたらよいのかわからないという中で、こちらの講座に出会いました。
先生には常に私の質問に的確に答えてくださり、小論文対策についても丁寧に添削していただいたことで、受験に通用する文章が書けるようになったと思います。
数校受験していくうちに、一次は通るのに二次が通らないという状況が続きました。
ある学校の不合格が判明した3日後に都立の二次が迫っている、という状況で、気持ちを立て直すために少しだけ先生とお話をしたいとメールしたところ、結果的には2時間も時間をとっていただきました。
先生からは強い激励の言葉をいただくというわけでもなく、たわいもない話をしていただいたことでリラックすることができました。そんな中で私は「なぜ今までの学校では面接で落ちたか」という答えのひらめきがありました。 そして都立の面接では同じことは繰り返さないと決め、実践した結果合格通知を手にすることができました! 合格発表の日は安堵感が胸に広がり、自分は間違っていなかったという自信にもなりました。都立の試験前に先生とお話をしなかったら、私はきっと合格できなかったと思います。気づきを与えてくださったことに感謝します。 受験にあたり、30代で1児の子持ちというハンデがありましたが、同じような境遇で受験を志している方へ少しでも希望を与えられれば幸いです。
そしてこれからも大変なことがあるとは思いますが、人の役に立てるナース、笑顔を忘れないナースになって先生に報告できる日を楽しみにしています。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree