予備校に通う時間や、金銭的余裕がないとお悩みの方へ。看護専門学校の「社会人入試・社会人AO入試・社会人自己推薦入試・社会人一般入試」専門通信教育。【教材購入だけでも合格率は飛躍的に上がります!!

<奈良県病院協会看護専門学校>


合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

私は一生の仕事として、看護師資格を取得する事を考えました。これは昔、考えていた仕事でもありましたが受験するまでにはいたりませんでした。30代の私ですが、インターネットで調べていくうちに学校に よっては社会人入試があることや、また、偶然看護受験アシストのホームページにたどり着いたのです。
3月の終わりには看護受験アシストに問い合わせ、するとすぐにお返事がありお話しをさせていただくことができました。まだどのように勉強したらいいのか分からなかった私に丁寧に説明して下さり、 とても勇気もいただき、また合格できる自信まで感じることができました。
社会人入試では、小論文の試験があります。私自身、最初は小論文とはどういうものかさえ分かりませんでした。しかし先生に教えていただき小論文の添削を10回していただくと、それまで小論文を1度も 書いたことがなかった私でさえ、何だか少しずつコツがつかめてきた感じがしました。先生から教えていただく事はどれも役に立つ事ばかりでした。受験日には応用がきくまでになり、自分自身驚いたものでした。
面接に関しても私が聞かれるかもしれない質問を教えてくださり、自己PRの添削もして下さいました。受験日には面接対策も完璧なものになっていました。疑問や分からないことがでてくると先生に聞いてみようかな?と思い、 頼れる先生が居る事はとても心強かったです。11月の試験まで、先生のサポートもあり、私自身も計画通り試験勉強ができました。願っていた通り社会人入試で合格することができ、先生には感謝しております。 合格お祝いのお電話を下さり嬉しかったです。本当にありがとうございました!!



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る