看護学校の受験情報、社会人入試合格なら通信予備校の看護受験アシスト > 合格者からのメッセージ > <(独)国立病院機構 千葉医療センター付属看護学校>

<(独)国立病院機構 千葉医療センター付属看護学校>


合格者の皆さんからお寄せいただいた、受講時の感想や受験に関する体験記を一部ご紹介いたします。 ご自身と同じような境遇の方の体験談を読んで、モチベーションが上がれば幸いです。

 

看護専門学校の社会人入試なら看護学校受験アシスト | 合格者からのメッセージ【受講生と教材購入者の方からのメッセージ 】

私は30代半ばで3人の子供がいる主婦です。
昔から看護師になりたいと考えてはいましたが子育てと仕事の忙しい毎日で、なかなか受験の一歩を踏み出せませんでした。末の子が1才になったのを機に、「今年こそ受験するぞ!」と重い腰をあげたのが9月。いくつか願書を取り寄せ来年1月の一般入試を目指してなんとか受験勉強を始めたものの、相談する相手もおらず不安で孤独な毎日を過ごしていました。
そんなある日、看護受験アシストのホームページを発見。家にいながら夜中でもメールや電話でやりとりができるなんて、私にぴったり!と。でも、騙されていたり、怪しげなものだったら・・・という不安もありましたが、 電話で先生の丁寧で誠実な受け答えで迷わず入会を決めました。私の場合は、一般入試を受験するつもりでしたが、駄目もとで受験した社会人入試(一般常識と面接)で合格することができました。
願書の志望理由も添削して頂いたお陰で自分でも満足のいくものでしたし、面接の質問も練習したものしか聞かれませんでしたので、緊張はしていましたが、自信を持って答えることができました。たった1ヶ月半の 短い間ではありましたが、私の不安な気持ちに寄り添って沢山のアドバイスをして頂いたお陰で、孤独を感じることなく、自信を持って毎日を行動することができました。本当にありがとうございました。
受験を迷っている方、また私のように一人で孤独に受験に挑むことに不安な方は、看護受験アシストに電話をして相談してみてくださいね。大きな一歩を踏み出せることと思います。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree